投稿者: wpmaster

遮熱塗料で屋根の温度が10度も下がる!酷暑を乗り切るおすすめ塗装


2020年の夏は連日35度以上の猛暑日が続いていて、大変危険な暑さとなっています。
先日は浜松で41度以上を記録したことも記憶に新しいですよね。
連日、各地で熱中症で搬送されている方もいて、重症化すると命に関わる事態にもなってしまいます。
なかでも注意したいのが、室内にいても熱中症になる危険があるということ!
特に高齢者の方は「クーラーが苦手」「もったいない」などの理由から、あまりクーラーをつけない方もいらっしゃいます。
しかし、1970年8月の平均気温が26.7度であるのに対し、2018年8月は29.7度となっていて、半世紀の間に平均気温は大きく上昇しています。さらに言えば、14時から15時ごろの最高気温はもっと高くなっているわけです。
「昔はクーラーなんかつけなくても平気だったから大丈夫!」と考えている方もいるかもしれませんが、今の状況はそうではありません。
でも、クーラーが合わなくてだるくなってしまったり、電気代が気になったりする方もいるかと思います。
そこで、おすすめなのが「遮熱塗料」です!
このコラムでは、遮熱塗料の効果や、どのような建物におすすめなのかということを紹介していきます。
クーラーをかけても家に熱がこもりやすくて暑い!とお悩みの方はぜひ最後までお付き合いくださいね。

遮熱塗料の効果

遮熱塗料とは、日差しを反射することで熱の吸収を抑え、室内に熱がこもりにくくする塗料のことです。
一般的に、遮熱塗装をすると屋根や室温が下がるというデータがあります。
屋根の表面温度 8度〜13度
室温 2度〜3度

こちらの画像は、当社でも施工実績のあるFSコートの遮熱トップコートのサーモグラフィーです。
未施工の場合と比べると。遮熱塗装によって屋根表面が10度以上も下がっているのがわかります。

https://www.dpcdpc.com/images/method/fscoat/pamphlet.pdf から引用
※塗料の種類や、建物の材質や形状、立地条件によって効果に差があります。
ここからは、さらに詳しく遮熱塗料の効果や、施工するのがおすすめな建物について紹介していきますね。

日光を効率よく反射する

遮熱塗料を塗ることによって、日光を効率よく反射します。
日差しをしっかり跳ね返すことで、屋根の表面温度が上がりにくくなり、建物を熱から守りやすくなります。
屋根の温度が下がると、屋根裏や天井に伝わる温度も下がるので、室内にも熱がこもりにくくなるというわけです。

室温が下がりエアコンの節約になる

屋根や外壁から熱が伝わりにくくなるので、室温も下がります。
遮熱塗料を使うことによって、エアコンの温度を控えめにすることができ、結果的に光熱費をカットすることもできますよ!
また、エアコンの使用を控えめにすることで、温暖化の原因でもあるCO2の排出を減らすことにも繋がるでしょう。環境への効果はすぐに現れるものではありませんが、これ以上温暖化が深刻にならないよう、身近なところから変えてみるのはいかがでしょうか。

建材が熱で劣化しにくい

建物はいつも紫外線や風雨に晒されているので、経年劣化していきます。もちろん、毎日日差しにさらされて熱のダメージを受けることも、じわじわと建物を劣化させていきます。
遮熱塗料を使うことによって、太陽光が反射されやすいので、熱による建物へのダメージを和らげることも期待できます。長い目で見れば、家を長持ちさせたい人にもおすすめですね。

遮熱塗料がおすすめな建物

一般的に、遮熱塗料によって屋根表面では10度前後、室内でも2〜3度くらいは気温が下がると言われています。
ただし、家の向きや屋根の材質、立地条件によっては効果の感じ方に違いがあるかもしれません。
ここでは、遮熱塗料によって効果を感じやすいおすすめな建物を紹介していきますね。

金属屋根

ガルバリウム鋼板などの金属屋根はスタイリッシュで人気もありますが、熱を集めやすいというデメリットもあります。特に、夏場は屋根がとても高温になってしまうことも少なくありません。
そのため「金属屋根に遮熱塗料を取り入れると目に見えて違いがわかる!」というお声をいただくことが多いです。
特におすすめなのは、夏に室温が上がりやすい工場倉庫への塗装です。
光熱費が節約できるだけでなく、働きやすい環境になるので作業効率が上がり、従業員が熱中症にかかるリスクも下げられます。
工場や倉庫に熱がこもって働くのが大変だと感じている方は検討してみてはいかがでしょうか。
こちらは当社で施工させていただいた波板屋根の戸建住宅です。
金属屋根が風雨によって錆び、穴があいて雨漏り対策も必要な状況でした。
そこで、防水塗料のFSコートで防水対策をして、遮熱効果のあるトップコートで仕上げました。


防水・塗装ともに悩みを抱えているという方は、ぜひ名古屋匠塗装までお気軽にご相談ください!

屋上のある建物

屋上のある建物は日陰になるところがないため、全面に日光を受けやすい作りとなっています。そのため、遮熱塗料によって効果を大きく実感できる場合が多いようです。
とくに、空調の効きにくい学校の最上階や、屋上のある病院や老人ホームにもおすすめです。他には、マンションやアパートにも良いでしょう。

遮熱塗料を選ぶ前に知っておいたほうがいいこと

近年の酷暑対策にぴったりの遮熱塗料ですが、導入する前に知っておいたほうがいいこともあります。
ここでは、遮熱塗料のデメリットと導入のポイントについて詳しく説明していきますね。これから遮熱塗料を取り入れてみたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

塗料自体の耐久性が高いわけではない

遮熱塗料を塗ることで、建物への熱ダメージを軽減できるとお伝えしましたが、遮熱塗料自体が半永久的に劣化しないわけではありません。
塗膜も時間が経つと劣化するものなので、遮熱効果を十分に発揮するためには塗装のメンテナンスを定期的に取り入れる必要があります。
一般的には遮熱塗料の耐用年数は15年〜20年程度とされています。詳しくは、使用する塗料の種類によっても異なるので、施工前にご確認くださいね。

汚れると十分に効果を発揮できないことがある

遮熱塗料によって温度が下がる理由は、日光によって熱を効率的に反射するからです。
そのため、外壁や屋根が汚れて、十分に日差しを反射できないと、効果が半減してしまう可能性があります。
遮熱塗料の効果を最大限に生かすためには、日頃から外壁や屋根のメンテナンスをしっかりとしておくことが大切です。

汎用塗料よりも割高になる場合が多い

汎用塗料というのは、遮熱塗料のような効果を持たない一般的な材料のことです。
材料費を比べると、やはり機能性の高い遮熱塗料の方が費用が高くなる傾向があります。
しかし、遮熱塗料が出はじめた頃に比べると、材料費は下がってきています。
また、光熱費が節約できたり、環境に優しいというメリットもあるので、費用以外のメリットも踏まえて導入の検討をしてみるのも良さそうです。

省エネリフォームの助成金が使える場合がある

お住まいの自治体によっては、環境に配慮したリフォームをすると助成金や補助金が出るところもあります。
下記のサイトでは、住宅リフォームの支援制度を検索できます。
住宅リフォーム支援制度を調べる

まとめ

連日の酷暑で、クーラーの使用頻度が上がっている方が多いのではないかと思います。
とくに、金属屋根の工場や倉庫で働いている方にとっては、大変厳しい環境なのではないでしょうか。
遮熱塗料は日射を効率的に反射することで、屋根表面の温度を10度、室温を3度前後下げられます。(効果は建物の材質によっても変動します)
光熱費の節約や、エコな環境にぴったりな遮熱塗料は、長い目で見てもおすすめです。遮熱塗装のご相談はぜひ、名古屋匠塗装までお問い合わせくださいね。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

台風の後は雨漏りの相談が急増中!台風が来る前に対策すべきポイント


こんにちは。名古屋匠塗装です。
2020年は例年より遅く、名古屋でも8月に入ってからようやく梅雨明けしました。
梅雨が終わるといよいよ夏本番。熱中症対策や夏バテにも注意が必要ですが、台風対策も忘れてはいけません。
なぜなら、台風の後は雨漏りする建物が急増するからです!
このコラムでは、年間60件以上の防水工事をしている名古屋匠塗装が、台風前に備えるべきポイントと、万が一雨漏りしてしまったときの対処法についてもお伝えしていきます。
これからやってくる台風シーズンに備えて、ぜひ最後までご覧ください。

台風に備えて自分ですぐにできること

台風予報が出てきたら、すぐに確認した方がいいポイントを紹介していきます。
「台風予報は出てるけど、いつも大した被害がないから大丈夫だろう」という油断は禁物です!

台風接近前の3つのチェック

  • 台風の進路をチェック
  • 避難袋の中身をチェック
  • ハザードマップで避難所までの経路をチェック
基本的なことですが、まずは3つのチェックを実践してください。
台風の進路チェックはテレビやネットでリアルタイムの情報が得られるので、見ている方も多いかと思います。
避難袋の中身は、食糧が古くなっていたら新しいものに変えたり、ラジオや電池が使えるかどうかを確認したりすることが大切ですね。
避難所までの経路については「よく知っている道だから大丈夫」と思いがちですが、台風の大雨で冠水したり、強風で木が倒れたりしていると、いつも通りに歩けない場合もあります。
ハザードマップを参考にして、危険な箇所をしっかりチェックしておきましょう。

台風がくる前の準備

  • 排水溝(ドレン)や雨樋の掃除
  • 植木鉢などを室内にしまう
  • 窓ガラスの補強
  • 家具・家電を高い場所に移動する
  • 畳を上げる
排水溝(ドレン)や雨樋は、家に溜まった雨水を排水するのに重要な役割を果たしています。
日頃なかなかチェックしない場所ですが、ゴミがたまっているとスムーズに排水されずに雨漏りする原因にもなるので、天気がいいときにこまめに掃除をしておくことをおすすめします。
台風が近づいて風雨が強くなる前に、自宅周辺の植木鉢などは室内に避難しておきましょう。
窓ガラスについては、雨戸を閉めるか、ガムテープなどで補強しておくと安心です。
窓ガラスが割れると、そこから雨が吹き込んでしまうので、しっかりと準備しておいてください。
また、床上浸水しやすい地域にお住まいの方は、家具や家電を2階以上に避難させたり、畳を上げたりしておくことをおすすめします。

台風の前に補修をしておくのも大切

台風の接近中に外で修理をするのは大変危険です。
強風によって瓦などが吹き飛ばされていないか気になるかもしれませんが、絶対に屋外で作業をしないようにしてください。
台風の接近中は小康状態でも、突風が吹いて転倒事故や転落事故を引き起こしてしまうことがあります。
瓦屋根の補強や、コーキングの劣化などが気になる場合は、本格的な台風シーズンになる前に補修をしておくことが大切です。
たとえプロであっても、高所作業では強風にあおられて落下する危険性が高いので、天気がいい時期に、家のメンテナンスをしておくのが最善ですね。

屋根塗装のメンテナンスのポイント

屋根塗装は、屋根材や使用する塗料の耐用年数によってもタイミングが変わってきます。
 屋根塗装のメンテナンス時期目安 

スレート屋根 8年〜15年
トタン屋根 7年〜10年
ガルバリウム鋼板 10年〜20年
瓦屋根 20年〜30年
ただし、屋根は常に風雨や紫外線にさらされているので傷みやすい箇所だと言えます。
そのため、メンテナンス時期を迎えていなくても、以下の兆候が見られている場合には早めに補修をしておくのもおすすめです。
 屋根の劣化の兆候 
  • ひび割れ
  • 色褪せ
  • コケ・カビ
  • 塗膜の剥がれ
  • 屋根材のずれ・破損
もし、このような劣化の兆候が見られたら、本格的な台風シーズンが来る前にしっかりメンテナンスしておくことをおすすめします。
名古屋匠塗装では、屋根塗装のみのご依頼も承りますので、ぜひお気軽にご相談ください!

外壁のメンテナンスのポイント

雨漏りというと、屋根から発生するイメージを持っている方も多いですが、台風の際は強風をともなうので、外壁の劣化箇所から雨が入り込む被害も多数発生しています。
一般的な外壁の劣化の兆候に当てはまる方は、早めに対処しておくと台風の際にも雨漏りを防ぐ可能性が高くなります。
 外壁のメンテナンスが必要な兆候 

  • 亀裂
  • チョーキング(外壁の表面が粉状になって手に付着する)
  • 色褪せ
  • コケ・カビ
  • 塗膜の剥がれ
  • コーキング(シーリング)の劣化(割れ・肉やせなど)
外壁のメンテナンスのポイントも材質によって異なりますが、ご自宅の外壁材が何かわからない場合もあるかもしれません。そのようなときは、名古屋匠塗装までご相談いただければ、必要なメンテナンスについてお答えします!

窓サッシ・ベランダ・通気孔も要注意

台風のときは横から吹き込む雨によっても雨漏りが発生しやすいので、窓サッシやベランダの劣化にも要注意です。
ベランダは直接雨を受けやすい場所です。

  • 床面の防水層
  • 笠木(手すりのカバー部分)
  • 窓サッシ周辺のコーキング
  • 排水溝(ドレン)の劣化
これらの症状がベランダで発生していると、雨水が室内に漏れるリスクが上がります。
ベランダの床面などが剥がれたり、ひび割れていたりするときは、早めに補修するのがおすすめです。

台風後に雨漏りしたら防水業者にすぐ相談!

ここまで紹介してきたように、台風の際は屋根だけではなく、家の側面からの雨漏りにも十分に注意しなければなりません。
しかし、小さな異変や、見つけづらい高所の劣化をあらかじめ発見して、万全の状態を保つことはなかなか難しいですよね。
対処していても、予想よりも大きな台風が来て、雨漏りが発生してしまうことは十分に考えられます。そのような場合は、ぜひお早めに名古屋匠塗装にご連絡ください!
例年、台風シーズンには雨漏りのご相談が急増しています。
私たちも、雨漏りで困っているお客様のトラブルをいち早く解決すべく、最善を尽くしてはいきますが、スケジュールが埋まりやすくなっているため、お忙しい方はなるべくお早めにご連絡いただくことをおすすめしております。
2020年は梅雨明けも遅く、例年とは異なった台風のタイミングや進路が予想されます。
今後の本格的な台風シーズンに向けて、熱中症に注意しながら早めに対策されることをおすすめします。

↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

夏季休業のお知らせ

◆夏季休業のお知らせ◆
平素は格別のご愛顧くださり心より御礼申し上げます。
さて、本年の夏季休業についてお知らせ申し上げます。
誠に勝手ながら下記日程の期間お休みさせていただきます。
お手数をかけいたしますが何卒宜しくお願い致します。
==============================
夏季休業期間
・8/8(土)~ 8/10(月)
・8/12日(水)~ 8/16(日) 
    
==============================
なお、休業期間中のお電話及びメールによるお問い合わせにつきましては、下記のとおりとなります。
◆8/8(土)~ 8/10日(月)
  メール受信 及び 電話受付 可
◆8/12(水)~ 8/16日(日) 
  メール受信のみ可、電話受付 不可
※8月17日(月)より順次ご対応させて頂きます。
休業期間中は、何かとご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご了承くださいませ。
今後とも変わらぬお引き立てを賜りますよう宜しくお願いいたします。
                 株式会社 名古屋匠塗装 
                 代表取締役 齊藤 嘉徳

滑りやすいタイルは塗装で解決!デザインを活かして滑り止めした事例

玄関先や庭先など、おしゃれなタイルを敷いてあるお家もよく見かけますよね。
エクステリアのあしらいや、水回りの床材として、タイルは私たちの身近なところで活躍しています。
しかし、タイルは経年劣化によってツルツルに滑るようになってしまうのです!
今回は、某自動車学校のタイルを塗装によって滑りにくく改善した事例をご紹介します。

経年劣化で滑りやすいタイルは危険!


某自動車学校のタイルは雨が降るたびに滑るようになり、生徒さんが滑って転んでいたそうです。
屋根があるとはいえ、人が通ったり、風が吹き込んだりすれば、タイルの上も濡れて滑りやすくなってしまいますよね。
一般の戸建住宅だと、小さな子どもや高齢者の方の転倒リスクも不安です。
しかし、タイルが滑りやすいからといって、別のタイルに貼り直すとなると工事も大変になってしまいます。
そこで、今回はデザインをそのまま活かせて滑りにくくする塗装をおこないました。

デザインを活かして滑りにくくする塗料


雨が降るたびに、生徒さんが転んで危険だった某自動車学校の通路。このまま放置しておくと、大きなケガに繋がってしまうおそれもありました。
タイルを撤去するとなると、面積が広いので費用もかさんでしまうし、おしゃれな既存のタイルがもったいないですよね。
今回は、塗装によって幾何学模様がおしゃれなタイルをそのまま活かすことができました!
写真のBefore Afterではあまり違いがわかりにくいですが、お客様からは滑ることがなくなって安心して通れるようになったと喜んでいただきました。
自動車学校の生徒さんも増えたとか、増えなかったとか・・・
「お気に入りのタイルを剥がしたくないけど、滑るのも困る!」という方がいたら、ぜひ名古屋匠塗装にご相談ください!
足腰が心配になってきたら、転ばぬ先の杖ならぬ、転ばぬ先の塗装がおすすめです。
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

工場で雨漏りしやすい場所5選を発表!繁忙期前の点検がおすすめ

こんにちは。名古屋匠塗装です。
今年(2020年)は例年にない長い梅雨となっています。
先日も、令和2年7月豪雨が九州地方を中心に甚大な被害をもたらしました。
豪雨で被災した皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
長雨が続いたこともあり、当社にもたくさんの雨漏りのお問い合わせが寄せられています。
梅雨が終わっても、夏から秋にかけてはゲリラ豪雨や台風もあるので、さらに注意が必要です。
梅雨・ゲリラ豪雨・台風などの雨漏りリスクが高い時期は、防水業者にとっては繁忙期です。
雨漏りしたら早く直したい!というお声が多いですが、スケジュールの都合によってはなかなかすぐに施工できない場合もあるのが現状です。
今回は、普段の雨では漏れにくいけど、台風や大雨で発生しがちな工場の雨漏り事例を紹介していきます。
雨漏りの危険な時期に入る前に、工場・倉庫の点検を済ませておいてくださいね。

工場で雨漏りが多い場所5選

さっそく、工場で雨漏りが多い場所をご紹介します。
工場で雨漏りが多い箇所は

  • 換気口
  • ビス頭
  • 板金ジョイント
  • 側溝
  • 明かり取り
の5点です。
先日紹介したこちらの記事↓でも、倉庫の明かり取りの雨漏り修理を紹介しています。
倉庫の雨漏り補修でデッドスペースを解消!早めの補修で節約できます
今回施工したのは、工場の換気口です。

ジョイント部分や明かり取りなどは、部材の取り合わせ部分のわずかな隙間から雨漏りすることがあります。
また、古い工場に多いトタン屋根では、サビができて小さな穴が空いて漏れるというパターンも見受けられます。

雨漏り修理依頼が増えるタイミング

工場の屋根は普通の雨だけで漏れることはあまりありません。
しかし、

  • 大雨
  • 台風
  • 積雪
これらのタイミングで、雨漏りが発生するリスクが多くなっています。
雨に強風が加わると、建物の壁面からも雨が入り込みやすくなるからです。
名古屋ではあまりありませんが、積雪によって劣化した雨樋が折れて雨漏りするケースにも注意が必要ですね。
今回の工場も、梅雨時に依頼があり施工しました。

梅雨が過ぎると、本格的な台風シーズンに突入します。
今は大丈夫でも、台風によって雨漏りが始まると、工場の稼働に影響を及ぼす可能性もあるので、早めの点検がおすすめです!
「しばらく雨漏り補修や防水をしていない」
「建物の点検をしていない」
「工場の老朽化が気になっている」

当社には一級防水施工技能士、雨漏り診断士が在籍しているので、雨漏りの心配事はお気軽にご相談ください!
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

名古屋市中村区で玄関ドアの塗装事例 高級感のある玄関に大変身!

こんにちは。名古屋匠塗装です。
今回は、名古屋市中村区で施工した玄関ドアの塗装事例を紹介します。
当社では戸建の外壁塗装のご依頼も多数いただいていますが、ドア塗装や屋根塗装など、部分的な塗装のご相談も大歓迎です!
「お家の玄関がなんだかくたびれてきたかも?」と思っている方は、ぜひイメチェンの参考にしてみてくださいね。

玄関ドアの色あせ・塗装の剥がれ


こちらの玄関ドアはお客様がご自身で何度も塗装したそうですが、ボロボロに剥がれてしまいました。
塗料が剥がれないようにするには、下地処理をしっかりすることが大切です。

玄関ドアの塗装事例紹介


こちらの写真は下地処理を完了した状態です。
まず、既存の塗膜を剥がす「ケレン」という作業を行います。
さらに、塗装がきれいに乗るように、パテ処理をして丁寧に下地を準備しています。
この一手間をかけることで、きれいな状態を長持ちさせることができるのです。

施工後は、ツヤのあるブラウンの玄関ドアに生まれ変わりました!
今回は深みのあるチョコレート色を採用し、高級感のある見た目に仕上がりました。
お客様にも玄関ドアがきれいになって大変喜んでいただくことができました!
玄関はお家の顔でもあるので、きれいにしておきたい場所の一つですよね。
お客様の目につく場所でもあるので、経年劣化が気になったときは塗装するのがおすすめです。
外壁塗装や雨漏りのことだけでなく、お家のことでお困りの際は、お気軽にご相談ください。
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

戸建の基礎にも防水工事を!雨漏りを防ぐなら建物の土台作りが大切

今回は戸建の基礎の防水工事をご紹介します。
日頃着目することの少ない建物の基礎部分ですが、土台をしっかりさせることが丈夫な家づくりには欠かせません。

今回施工する基礎部分

今回施工したのはこちら↓

建物の基礎とは、家が建つ前の土台造りであるコンクリート部のことです。
どんなに立派な建物であっても、それを支える土台がしっかりしていないと雨漏りしたり、不具合が起きたりするリスクが出てしまいます。
土台の周辺にもしっかり防水工事をしておくことで、雨漏りのリスクを減らすことができます。
施工完了!↓

建物の基礎というと、普段生活していてあまり意識することはないかもしれませんね。
しかし、丈夫な家作りをしたいと考えるなら、基礎のこともしっかり考える必要があります。

防水工事は屋上やベランダ以外にも必要

防水工事は、屋上やベランダの工事が多いですが、こういった基礎部も実は防水工事が必要なのです。
基礎部に防水工事を行っていないと、ひどいときは床下が水溜りになり、フローリングが湿気で腐ることもあります。
(もちろん、そのような場合も漏水を止めることができますので、ぜひご相談ください)
意外と一軒家で防水するところは知られていないだけで、
実は下記の通りたくさんあります。

  • 基礎
  • お風呂
  • ベランダ
  • 屋上
  • 床下
  • 玄関
  • 車庫
万が一雨漏りしてしまうと、気づかないうちにフローリングや天井などが傷んでしまうことがあります。
大切な家を守るためには、雨漏りを未然に防ぐことが大切です!
ぜひ、これから新築される方は防水工事をご検討ください!
雨漏りしにくいワンランク上のお家づくりに防水工事はおすすめです。
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

倉庫の雨漏り補修でデッドスペースを解消!早めの補修で節約できます

今回は、倉庫屋根の雨漏り補修工事を紹介していきます。
倉庫で雨漏りしていると、いつも濡れる場所には荷物が置けず、スペースが十分に活用できないということもありますよね。
今回、雨漏り修理をご依頼いただいた倉庫は、明かり取りの部分から雨漏りが発生していました。

安価な部分補修でもしっかりと雨漏りを解決


他社からは、屋根板金の被せ工法で提案があったとのこと。
全体施工でしか雨漏りが止まらないということでしたが、当然全体施工をすると費用が高くなってしまいます。
今回、当社では雨漏りの部分補修で提案しました。
しっかりと、明かり取りの部分を残しつつ、補修工事という安価な提案で雨漏りも解決することができました。

雨漏りは早めに直した方がお得な理由

「大して雨漏りしてないし、困ってないからこのままでいいか」と雨漏りを甘く見ていませんか?
でも、雨漏りは早めに直した方が絶対にお得です!
その理由は大きく分けて2つあります。
① 雨漏り被害が小さい方が修理費が安い
雨漏りは放置していても、状況が改善することはまずありません。むしろ、悪化する場合がほとんどです。
もし、雨漏りに気づいたら、早めに修理をした方が費用を抑えられる可能性もあります。
雨漏りを放置して、状態が悪くなってしまうと、部分補修では手の施しようがなくなってしまうのです。そうなると、より大掛かりな工事が必要になり、費用も高くなってしまいます。
名古屋匠塗装では、現場調査は無料でおこないますので、ちょっとでも雨漏りが気になるようでしたら早めにご相談くださいね。
② 場所を有効活用できる
雨漏りしている場所は、物を置くことができないので、デッドスペースになってしまいます。
雨漏りしている状況に慣れてしまうと、デッドスペースのことはあまり気にならなくなるかもしれません。
でも、雨漏りで活用できていないデッドスペースにも家賃やローンは発生しています!
せっかくの空間を活かせないのはもったいないですよね。
つまり、傷が浅いうちに、安価な補修で直して、場所も有効活用するのが1番お得なのです!
当社では、お客様の要望や建物の状況に合わせて、必要な工事だけを提案します。
もちろん、安価だからといって手抜きをするようなことはありません!
お得にしっかり雨漏りを解決したい方は、ぜひ名古屋匠塗装にご相談ください!
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

学校の屋上防水工事が完了!大規模な建物の雨漏り修理もおまかせを

今回は、約1ヶ月かけて施工したインターナショナルスクールの大規模な屋上防水工事についてご紹介します。
名古屋匠塗装では、戸建だけでなく、学校やビル、総合病院、市庁舎などの大きな建物でも防水工事の実績があります。
大規模な屋上防水をどこに頼めばいいかわからないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

施工前 防水層が劣化して雨漏り多発


こちらは施工前の屋上です。
既存の防水シートに多数のシワや膨れができて、劣化しているのがわかります。

経年劣化でも防水層は劣化しますが、今回の場合は以前の屋上防水があまりいい形で施工されていなかったようです。
屋上の防水層が機能を果たせていないので、最上階のいたる所から雨漏りしていました。
普通の雨の日でも、室内のバケツに水が溜まってしまうほどだったそうです。

施工後 1ヶ月の工事で雨漏りも解決!


約1か月の工事期間で見違えるほど生まれ変わりました。
今回は既存の防水層を撤去し、新たに防水層を作り変えました。

シワのないきれいな屋上になり、もちろん雨漏りもバッチリ解決しています!
屋上がきれいになるだけではなく、屋上防水が生まれ変わることによって、お客様の問題を解決することまでが私たちの大切な仕事です。
今回は雨漏りという厄介なお悩みを解決することができ、大変喜んでいただけました。

大きな建物の雨漏り発見も得意です

建物が大規模・複雑になるほど、雨漏りの原因がどこにあるのかを突き止めるのは難しくなります。
雨漏りは
・1箇所とは限らない
・雨漏りしている場所と原因箇所が離れていることもある
・とても小さな隙間からでも雨が漏れることがある
などの理由から、原因をはっきりと特定するのが難しいことも多いのです。
名古屋匠塗装では「雨漏り診断士」の資格を持った社員が、知識や経験に基づきしっかりと調査いたします。
大規模な雨漏り修理や屋上防水も得意としていますので、お困りの際はぜひご相談ください!
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

建物の基礎にもこだわりを!新築防水工事の事例紹介

名古屋匠塗装では、新築防水工事のご依頼も多数いただいています。
今回は、建物の基礎の防水工事をご紹介します。

新築の基礎に柄をつけておしゃれに


一般的な建物の基礎は、このようにコンクリートのシンプルなものが多いのではないでしょうか。
基礎といわれる建物の土台の部分に柄をつけて防水工事をしました。


ひと手間加えたことで、おしゃれな風合いに仕上がりました!
新築のお家でこだわりたい!と考えている方は、ぜひ足元の基礎工事のデザインにも目を向けて見てください。
ちょっと、特徴のある素敵な雰囲気にもできますよ!
ただのコンクリートで物足りないと思われる方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。
↓Twitterでも塗装や防水のお役立ちツイートを発信中!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。