外壁のひびからシロアリが侵入!シロアリ調査のあとは補修工事も大切

5月 15, 2017 スタッフブログ

本日既存のお客様のM様よりご相談がありました。2階ベランダでシロアリらしきものを見たので見に来て欲しいとのことでした。
シロアリ専門職人と一緒に現地調査です。
まずは出没したベランダへ。怪しいひびを職人さんが覗くと・・・・
いました。

実際いるとわかるとショックで複雑な思いだったと思います。

丹念に家をチェックしてシロアリの進行経路を調べていきます。

最後に床下に潜って床下全体をチェックします。
結論は床下はベタ基礎(コンクリートを全面敷く基礎)のためシロアリはいませんでした。
シロアリはお庭から袖壁のひびを伝って進入した模様です。
やはり壁や屋根のひびは雨漏りだけではなく、こういったリスクもあるのでまめにお手入れが必要ですね。
シロアリ駆除とともにこれ以上入らないように進入経路に薬を散布しておきます。
この薬は5年効くんだそうです。
最後に職人さんから聞いたシロアリトリビアを。
庭の太目の木の枝が落ちていてそこにシロアリがたっぷり集まっていました。
職人さんはそれを発砲スチロールの上に置き発泡スチロールにボールペンで円を書きました。
すると、シロアリが円に集まりその円の上を回り始めたんです。
これはアリが発生するフェロモンとボールペンのインクが同じ成分が含まれているからなんだそうです。
ちなみにシロアリは光が苦手なのでそのまま庭に30分ほど放置しておくと全て死んでしまい、そのあと廃棄すればいいんだそうです。
シロアリは今が活動するシーズンです。
皆様も診断だけでもご依頼くださいね。
名古屋匠塗装では外壁塗装屋根塗装だけでなく、建物に関する様々なお悩みを解決できるよう努めております。
お気軽にご相談下さい!

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。