カテゴリー: お役立ち情報

外壁にコケや藻!?外壁の塗料を確認しよう!

建物の日当たり悪い場所の外壁にコケや藻が生えているのを見たことはありませんか?

外壁にコケや藻が生える原因

コケや藻が発生するのは日あたりの悪い場所や風通りの悪い場所が多いです。日当たりや風通しが悪いため、水分が長く付着します。外壁がでこぼこした素材だと、間に水分がたまりコケや藻の発生につながります。

コケや藻が生えるとどうなるの?

コケや藻が発生しているからといって、それが直接塗装の劣化に繋がることはありません。しかし、水分が長く付着することになるため、結果的に塗膜の劣化も早くなります

外壁にコケや藻が生えたときの対処法

見た目が気になる方は、洗浄するのが良いです。しかしそれではまた時が経つと同じ所にコケや藻が生えてきます。コケや藻の発生する根本の解決には、コケの発生しにくい塗料などの使用が効果的です。
防カビや防コケなどの塗料があるので、一度外壁塗装の専門家に相談してみるのが良いと思います。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

外壁に色あせや変色が目立つ!それは外壁の劣化のサインかも

外壁が黒ずんできたり、艶がなくなってきたり、色にむらがでてきたと感じたことはありませんか?

外壁の色あせや変色はなぜおこるの?

要因の一つに塗膜の表面の劣化が考えられます。太陽の光や風や雨・紫外線によって徐々に外壁は劣化していきます。また汚れや雨風の当たり具合によって、劣化のスピードが差が出てきます。それにともない変色や防水効果の薄れによって色あせなどが起こります。

色あせや変色が起こるとどうなるの?

色あせや変色は塗膜の劣化が要因です。そのまま放置すると外壁に白い粉が発生する「チョーキング現象」に繋がります。チョーキング現象は塗膜が劣化し、粉状化した段階です。この段階まで行くと外壁塗装を実施したほうが良い段階です。

色あせや変色への対処法

色あせや変色の段階では、塗膜が劣化はし、防水機能など、塗装の効果が薄れている可能性があります。とはいえ即塗装をしなければいけないという段階ではありません。一度外壁塗装の専門家に見てもらい、建物の全体的な劣化状況を見てもらい、最適な塗装計画を立てるのが良いと思います。チョーキング現象が発生してくると劣化が大きく進行している状況ですので、それまでに診てもらうようにしましょう。

色あせや変色への誤った対処法

色あせや変色があるからといって、何も考えずに自分で塗装を行ってしまうと一時的に見栄えは良くなりますが、それでは塗装の劣化を防ぐものにならない可能性があります。また、大きな損傷を見逃してしまうことになってしまうので、結果的に逆効果となってしまいます。ご自身で対処するのはオススメしません。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

外壁に白い粉!?チョーキング現象は劣化のサイン?

家の外壁を触ったら手に白い粉が付いたという経験はありませんか?これは「チョーキング現象」という外壁の劣化のサインです。

チョーキング現象とは

チョーキング現象とは塗装の塗膜が劣化することからおこる症状です。塗料が劣化し粉状になることで外壁をさわると白い粉が付いてしまいます。外壁の色によって粉の色は変わります。外壁を触って白い粉が付く場合、チョーキング現象の可能性が高いです。

チョーキング現象が起こるとどうなるの?

チョーキング現象は外壁の劣化が進んでいるサインです。外壁は太陽や雨・風・紫外線などによって5年〜10年で劣化していきます。チョーキング現象が進むとそこからひび割れやカビが生えたりと、外壁の更なる大きな損傷に繋がっていきます。

チョーキング現象への誤った対処

チョーキング現象は先述したとおり、外壁の塗膜が劣化することで白い粉が発生しています。水やブラシなどで洗い流してもそれは逆効果で、更に劣化を進めてしまう要因になってしまいます。

チョーキング現象への対処法

チョーキング現象は外壁の劣化が進行し始めている証拠です。チョーキング現象を発見したらまず外壁塗装会社に相談してみるのが良いです。外壁塗装会社に相談して、劣化具合を見てもらい、塗装するかどうかを見極めるのが一番よい対応策です。白い粉の箇所だけでなく全体の塗装状況をみてもらうことで、建物にとって最適な塗装の提案をしてもらいましょう。
一番問題なのが、チョーキング現象を放置してしまうことです。チョーキング現象の発生は、塗装の劣化が始まっていることの明らかなサインです。劣化を放置すると大きな損傷に繋がってしまうため、早めに診断だけでもしてもらうのが良いと思います。

まとめ

外壁に白い粉がつくのはチョーキング現象という外壁の劣化のサインです。早めに専門家に診てもらうことで、大きな損傷を防ぎましょう。建物の状況を全体的に診てもらい、建物全体の最適な塗装計画をたてるのが吉です。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

外壁のサイディングボード・シーリングがこうなったら要注意!

シーリングの劣化

近年の建物では外壁にサイディングボードを使用している建物も多くなってきました。サイディングボードはサイディングボードの繋ぎ目のシーリングの劣化が早いです。シーリングが劣化するとそこからサイディングボードの劣化につながりやすくなります。
シーリングが劣化したと感じたら早めに対処するのがおすすめです。下記の写真のようにシーリング部分にひび割れがあるとそこから水が侵入してきます。

シーリングの劣化1
シーリングの劣化2
シーリングの劣化3

サイディングボードの劣化

また、サイディングボードは下記のような症状が見られると劣化のサインです。

  • ・サイディングボードのひび割れ
  • ・サイディングボードの変形
  • ・表面の塗装の剥がれ・劣化

上記のような症状がサイディングボードに見られたら一度名古屋匠塗装までご相談ください。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK
名古屋市愛知県岐阜県三重県の塗装に対応しています。

省エネ・節電効果の高い「遮熱塗装」の性能

省エネ遮熱塗装基本性能

簡単に施工できる水性塗料(無臭・VOC削減)による薄膜で、高反射・断熱・放射の機能を持つ新しい塗料です。他の遮熱・断熱塗料に比べ、簡単に作業ができ低価格、更に薄膜で性能を発揮することが可能です。

一般の遮熱塗料と省エネ遮熱塗料の性能の違い

『一般遮熱塗料』高反射のみ
高反射機能で鋼板に熱が伝わりにくいものの、時間が経つにつれ熱が伝わり室内温度が上がっていきます。

『省エネ遮熱塗装』高反射+放射
放射機能をもち、感知した熱を外へ放出することにより室内温度が上がるのを防ぎます。

一般の遮熱塗料と省エネ遮熱塗料のコストの違い

『一般遮熱塗料』
3層構造のため膜厚が厚いため塗工回数が増え、工事日数がかかり工賃も上がります。

『省エネ遮熱塗料』
1層で塗工回数を減らし材料面・施工面共にコストを抑えることができます。

主な塗料使用場所

工場、倉庫、ビル、プレハブ、タンク、畜舎 他。
遮熱塗装工事

施工可能な素材

  • ガルバニウム鋼板
  • コンクリート
  • スレート
  • アルミ鋼板
  • ステンレス


※下地の状態により、プライマーが必要な場合がございます

遮熱塗料の色見本

※ディスプレイにより発色が異なるため、実際の色とは異なる場合がございます。
※ご希望の色を調色することも可能です。お気軽にお問い合わせください
荷姿:10kg(角缶)
塗り面積:30~33㎡(10kgx1缶あたり)

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK
名古屋市愛知県岐阜県三重県の塗装に対応しています。

悪質な塗装業者の見分け方は?

理由のない値引きをする業者には要注意です。無理をした分、材料や工法など大切な部分を省いて帳尻を合わせる悪質な業者もいます。悪質な塗装業者に引っかかってしまわないよう、下記の点をチェックしましょう。

工期をチェック

3回塗りといいつつ2回で済ませる手抜き工事もよくあるケース。ひとつの目安としては、工期が6日以内ならNG。塗装は乾かす段階が重要なので、まともな施工なら10日はかかります。見積もり時に、工期も確認しましょう。

口約束で施工を始めようとする業者は要注意

口約束で施工を始めようとする業者は後々のトラブルのもとです。必ず見積もり時に内容を確認するようにしましょう。

要求をすべて受け入れる業者

要求をすべて受け入れる業者の担当は現場の施工について知らない営業である可能性が高いです。あまりにも大きな値引をしたりする業者は施工時に2回塗りなどで手抜き施工のもとになります。気をつけましょう。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

どんな塗料を選べばいいの?

塗料を選ぶポイントは、「耐用年数」か「価格」を選ぶかなどのご要望によって、異なります。名古屋匠塗装では、ご要望に合わせて6種類の塗料をご用意しています。
「ニオイがきついのは苦手なので水性にしたいが、耐久性を考えると油性を選ぶべきか…」と悩む方には、最近登場した油性なのにニオイの少ない塗料をおすすめしています。
ぜひご要望を名古屋匠塗装までお気軽にご相談ください。
下記の記事で、塗料の種類と特徴をお伝えしています。ぜひ見てみてください。
「水性」「油性」塗料どちらがいい?

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK
名古屋市愛知県岐阜県三重県の塗装に対応しています。

塗装の塗り替え時期はいつ?

塗装の必要性

塗装は見た目をきれいにする効果とともに「損傷を予防する」という効果もあります。

塗装の塗り替え時期

新築時に使われた塗料の耐用年数がおおむね10年といわれます。
そのため10年を目安に塗装を見直しましょう。見た目は変わらなかったとしても、塗膜の効果は徐々に劣化していますので、徐々に損傷が進行していきます。
また、塗料の種類や住宅環境によっては6年〜8年でも劣化が始まっている場合があります。気になる点があれば診断などを行うと良いと思います。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

爆裂(曝裂)・露筋とその施工修繕方法

爆裂(曝裂)・露筋とその修繕方法

コンクリートが押し出される現象を爆裂(曝裂)と呼び、 内部鉄筋が露出することを総称して露筋と呼びます。
爆裂(曝裂)は、内部鉄筋の腐食が原因として考えられ、 腐食の原因は様々ですが、そのひとつとしてひび割れからの雨水の侵入が挙げられます。 上の写真を見ると、ひび割れに連続して爆裂(曝裂)が生じています。 ひび割れからの雨水の侵入し下部に溜まったことで、 爆裂(曝裂)が生じたと推測されます。

劣化が進行すると、膨張する面積が大きくなり、コンクリートが剥落するため、内部鉄筋が露出する「露筋」が引き起こされます。上の写真は鋼製手すりの腐食によって爆裂(曝裂)を生じコンクリートが剥離した例です。
表面にさらされた鉄筋は直接空気と水に触れるため、錆が進行しやすく、爆裂(曝裂)及び露筋が広範囲に及びます。
劣化が進行すると、鉄筋の腐食及びコンクリートの剥落によって構造体の強度低下が懸念されるとともに剥落したコンクリートが人や車に当たる二次災害も危険視されます。

修繕方法

では、これらの修繕方法を見ていきましょう。

  • 1.剥がれかけているコンクリートを斫ります(落とします)。
    ※これが残ってしますと上からセメントなどで埋め戻してもここから剥がれてしまいます。
  • 2.露出した鉄筋に錆止め材を塗布し付着力を上げる材料(プライマー 接着剤の役割)も塗布します。
  • 3.セメントなどで埋め戻します。
  • 4.埋め戻した際に、段差ができないようにブラシなどでしっかり均します。
  • 鉄筋がむき出しになっている場合、鉄筋が錆びやすい状態になっています。 鉄筋が錆びると、構造強度に悪影響を及ぼす可能性があるため、早急な対策が望まれます。
    名古屋匠塗装では、この補修工事を重要に考えています。ただ単純に塗装を行えばよいのではなく、塗装工事と補修工事は常にセットで考えています。

    塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
    0528488135
    9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK
    名古屋市愛知県岐阜県三重県の塗装に対応しています。

「水性」「油性」塗料どちらがいい?

水性塗料と油性塗料はどちらがいいの?

塗料の種類が色々あり、ちょっと混乱してしまう方も居ると思うので、最初に外壁塗装に使われる塗料の種類を整理しておきます。

外壁塗装に使われる塗料の種類 ※耐久年数は一般的な目安です。

アクリル系塗料 耐久年数 約4年
ウレタン系塗料 耐久年数 約6年
シリコン系塗料 耐久年数 約13年
フッ素系塗料 耐久年数 約18年
遮熱塗料 耐久年数 約18年
光触媒塗料 耐久年数 約20年

大きくわけると上記6つの塗料があります。
そして塗料には「水性塗料」(水系)と「油性塗料」(溶剤系)があります。

水性塗料と油性塗料の特徴

水性塗料

油性塗料

塗料の主成分

有機溶剤(シンナーなど)

内装への使用

できる

できない

保管

特に注意は必要としない

注意が必要

メリット

・値段が安い
・臭いがほとんどない

・耐久性に優れている
・雨水にも強い
・塗料密着が良い

デメリット

・耐磨耗性が弱い
・耐侯性は油性と比較すると落ちる
・気温が低いと施工不可

・値段が高い
・臭気がきつい

液型タイプ

1液型
(そのまま使える)
大手メーカーが主に使っている塗料。扱いやすく、環境への負担が少ない。工賃も手間も人件費も安くすむため水性1液型を採用する業者も多い。

1液型、2液型がある。
2液型はそのままでは使用できず主剤と硬化剤を混ぜて使います。1度混ぜると6~8時間以内に使い切る必要があります。(使い回しができない)

水性塗料と油性塗料どちらが良いの?

何に塗るかにもよるため一概にいえませんが、一般的に、水性よりも油性の方が長持ちすると言われています。
特に溶剤(油性)2液型タイプの塗料は他と比べると、耐久性・密着性共にたいへん優れています。水性1液型と、溶剤(油性)2液型を比較すると仕上がりも耐久性も明らかに差が出ます。
ただ、昔は圧倒的に油性塗料の方が耐久性が良かったのですが、今はメーカーの努力もあって水性塗料でも油性塗料に引けを取らないくらい性能が向上してきてはいます。
さらに最近登場したのが、油性塗料の中でも「弱溶剤」タイプというものです。これは、溶剤タイプの環境に良いとは言えない・臭気が気になるというデメリットを無くしたもので、溶剤と比べると臭いも少なく環境に優しい塗料となっています。

まとめ

種類

  • 外壁塗装に使われる塗料の種類は6種類
  • それぞれ水性塗料と油性塗料に分かれている
  • 油性でも溶剤と弱溶剤がある
  • さらに1液型と、2つの剤を混ぜないと使えない2液型がある

特徴

  • 一般的に油性の方が密着性、耐久性に優れている
  • 水性でも昔よりは性能が向上してきている
  • 水性は臭いが無いが、油性は臭いがきつい。内装の塗料に油性は使えない
  • 溶剤2液型がおすすめ

溶剤2液型の塗料は、主材と硬化剤を混ぜる手間もありますし、混ぜた後は6~8時間で使わなければいけないので使い回しができません。技術も必要となります。
工賃がかかる、人件費がかかる、難しい・・などという理由で溶剤2液型を使う業者は少なくなってきています。 が、
(油性)溶剤2液型こそプロが使う一級品、と業界では言われています。
仕上がりも持ちも違うので、付帯部分にも溶剤2液型を使用することで素晴らしい仕上がりとなります。

名古屋匠塗装での考え方

また当社では、外壁の材料やその外壁の傷み具合にもよりますが、 費用対効果のバランス等色々と総合的に考え、(油性)溶剤2液型の塗料が現状では一番おすすめです。
弱溶剤シリコン塗料のクリーンマイルドシリコンに弾性硬化剤入れる2液型を推奨しています。
お客様声の一部を紹介します。

『新しい材料ですので、正直施工するまでは、不安でしたが予算にも余裕もなかったため費用対効果・仕上がり・耐久性が抜群にいいといった齊藤君の声を信じてよかった!提案してくれてありがとう!』

(施工後外壁をさわってから思わず出た一言)

『もちもちしてる~!!』

『気持ちいい~』

『これは長持ちするわ!』

『材料の進歩ってすごいね』

『やっぱり日本の塗料メーカーってすごいね。』

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK
名古屋市愛知県岐阜県三重県の塗装に対応しています。