外壁に白い粉!?チョーキング現象は劣化のサイン?

7月 1, 2016 お役立ち情報

家の外壁を触ったら手に白い粉が付いたという経験はありませんか?これは「チョーキング現象」という外壁の劣化のサインです。

チョーキング現象とは

チョーキング現象とは塗装の塗膜が劣化することからおこる症状です。塗料が劣化し粉状になることで外壁をさわると白い粉が付いてしまいます。外壁の色によって粉の色は変わります。外壁を触って白い粉が付く場合、チョーキング現象の可能性が高いです。

チョーキング現象が起こるとどうなるの?

チョーキング現象は外壁の劣化が進んでいるサインです。外壁は太陽や雨・風・紫外線などによって5年〜10年で劣化していきます。チョーキング現象が進むとそこからひび割れやカビが生えたりと、外壁の更なる大きな損傷に繋がっていきます。

チョーキング現象への誤った対処

チョーキング現象は先述したとおり、外壁の塗膜が劣化することで白い粉が発生しています。水やブラシなどで洗い流してもそれは逆効果で、更に劣化を進めてしまう要因になってしまいます。

チョーキング現象への対処法

チョーキング現象は外壁の劣化が進行し始めている証拠です。チョーキング現象を発見したらまず外壁塗装会社に相談してみるのが良いです。外壁塗装会社に相談して、劣化具合を見てもらい、塗装するかどうかを見極めるのが一番よい対応策です。白い粉の箇所だけでなく全体の塗装状況をみてもらうことで、建物にとって最適な塗装の提案をしてもらいましょう。
一番問題なのが、チョーキング現象を放置してしまうことです。チョーキング現象の発生は、塗装の劣化が始まっていることの明らかなサインです。劣化を放置すると大きな損傷に繋がってしまうため、早めに診断だけでもしてもらうのが良いと思います。

まとめ

外壁に白い粉がつくのはチョーキング現象という外壁の劣化のサインです。早めに専門家に診てもらうことで、大きな損傷を防ぎましょう。建物の状況を全体的に診てもらい、建物全体の最適な塗装計画をたてるのが吉です。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。