外壁にコケや藻!?外壁の塗料を確認しよう!

7月 1, 2016 お役立ち情報

建物の日当たり悪い場所の外壁にコケや藻が生えているのを見たことはありませんか?

外壁にコケや藻が生える原因

コケや藻が発生するのは日あたりの悪い場所や風通りの悪い場所が多いです。日当たりや風通しが悪いため、水分が長く付着します。外壁がでこぼこした素材だと、間に水分がたまりコケや藻の発生につながります。

コケや藻が生えるとどうなるの?

コケや藻が発生しているからといって、それが直接塗装の劣化に繋がることはありません。しかし、水分が長く付着することになるため、結果的に塗膜の劣化も早くなります

外壁にコケや藻が生えたときの対処法

見た目が気になる方は、洗浄するのが良いです。しかしそれではまた時が経つと同じ所にコケや藻が生えてきます。コケや藻の発生する根本の解決には、コケの発生しにくい塗料などの使用が効果的です。
防カビや防コケなどの塗料があるので、一度外壁塗装の専門家に相談してみるのが良いと思います。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例

塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。