月: 2020年5月

職場や工場の雨漏り修理、補修工事はコロナ対策をしている今がおすすめです。

職場や工場の雨漏り修理や補修工事を
検討されているなら、今の時期がおすすめです。
先日、
「コロナの影響で、会社に業者さんの出入りがない状態だから、
台風が来る前にすぐに雨漏り修理をやっておきたい」

というお問い合わせを頂きました。

台風直後は雨漏りが増える

近年のゲリラ豪雨や大型台風の影響で、
毎年梅雨から夏にかけて雨漏り修理のお問い合わせが増えます。
特に、日本では梅雨時期を過ぎると大型台風が増える傾向にあります。
建物にひび割れなど、不具合が状態で梅雨を迎えると、
雨漏りになり、そのまま台風を迎えると大規模修繕が
必要になるほどの被害拡大する事も少なくありません。
そのような状況を未然に防ぐ為にも、
台風がくる前のメンテナンスが重要です。
一方で、台風も気になるけれど、雨漏り修理や補修工事は、
塗装の臭いをはじめ、工事中の音、業者の出入りなどが気になってしまい
依頼する事を躊躇してしまう事もあると思います。

コロナで人の出入りが減っている

しかし、今の時期はコロナ対策のために、
三密を避けるため時間差出勤を行ったり、人の流れが減っています。
また、雨漏り修理や外壁補修塗装などは、
基本的に外で行う修理工事のため人との接触もほとんどありません。
そのため、「ちょうどいいタイミングだから」とお問い合わせを頂きました。
今補修修理や、雨漏りで悩まれている方は、お気軽にご相談くださいませ。
当社では現場で修理を行う職人も、
マスク着用はもちろんの事、手洗い・うがい、消毒を徹底し、
健康管理、ソーシャルディスタンスなど、
コロナリスクを意識して対応しております。
名古屋匠塗装では現時点で、新型コロナウイルスの感染防止策を
行った上で営業をしており、修理工事の遅延などは起きておりません。
これからもお客様の雨漏り修理・塗装に関する
お悩みを解決できるよう、衛生面にも気を付けて取り組んでまいります。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

【名古屋市昭和区で外壁塗装】施工中の現場見学に行ってきました!

昭和区でマンションの大規模修繕中!現場をレポートします

今回の現場は名古屋市昭和区にある某マンションです。
こちらの物件は美容室やネイルサロンなどが入居するおしゃれな建物です。
建物の周囲には足場とシートがあるため、外壁塗装をどうやって進めているかを知る機会が少ないのではと思います。
今回は工事部長の案内で、IT事業部2名が見学に伺いました。

遠くから見ても社名がわかるように、イメージシートを設置しています。実際に近くで見るととても大きなシートです。

屋上のウレタン防水が完成!

まずは、屋上まで階段で上がります。
屋上や屋根につながる階段がない場合は、建物の周囲に設置した足場で登っていくことも多いそうです。
シートで覆われているから慣れれば怖くない」とのことでしたが、高所恐怖症の人には大変ですね。
この日は、屋上の防水工事がすでに完了していました。
<施工中>

<完成!>
光沢が美しく仕上がりました!

屋上はウレタン防水で雨漏り対策もばっちりです。
ウレタン防水は、ウレタン塗膜で防水層を作っていく方法です。建物の状況にあった防水方法を
トップコートも丁寧に仕上げてあるので、紫外線対策も万全です。

屋上の床から突き出ている筒は脱気筒といって、防水層の中に入った水を逃すために重要な役割を果たしています。
このほかにも、屋上防水工事ではドレン(排水口)などの細かい部分もしっかりと改修します。
普段目立たない場所ですが、防水は細かいところも見逃さないことが大切だと改めて感じました。

施工中の外壁塗装の様子

次は、施工中の外壁塗装を見学させていただきました。
通常、足場には昇降階段をつけますが、今回はスペースの都合上、階段がありません。
↓写真手前の階段を越えて、奥にある足場に移動します。


足場を進んでいくと、ちょうど職人さんが外壁塗装をしていました。
3回塗りでしっかりムラなく仕上げています!

丁寧に塗装した建物は、そうでない建物と比べると数年後の劣化の差が歴然としてくるそうです。
当社では、丁寧な3回塗りで外壁がきれいな状態を長く保てるように施工しています。

こちらの写真は黒い柵が塗装済み、床部分がこれから防水工事をする部分です。
赤丸の箇所は黒がはみ出しているようにも見えますが、端まで塗り残しをしないポイントです。
これから、マスキングテープでラインを作り、床部分を施工するので、色の境界はくっきりと美しく仕上がります。
今回のように、塗装と防水工事を同時におこなう場合は、基本的に上から順に施工していきます。
そうすることで、すでに施工済みの箇所に塗料が流れてしまう心配もありません。
↓後日の現場の様子。防水工事に備えてしっかり養生しています。

今回のような大規模修繕工事では、塗装と防水工事を同時に行うので、工程管理も大切な仕事です。
雨が降って工事がストップすることもあるので、綿密にスケジュールの打ち合わせを行います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
普段なかなか見れない大規模修繕の現場に伺い、改めてたくさんの人の手で工事が進められていることがよくわかりました。
塗り直されたきれいな外壁や屋上は、見ていてとても気持ちがよかったです!
お家や建物をきれいにイメチェンしたい!とお考えの方はぜひ名古屋匠塗装までご相談くださいね。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。

次亜塩素酸(SALAMORE)の加湿器でオフィスの除菌しています。

次亜塩素酸 サラモア
当社では、以前から次亜塩素酸を入れた加湿器を使っていたため、
使用感などレビューをお伝えします。今後の消毒など気になる方のご参考になれば幸いです。
当社で購入している次亜塩素酸は、SALAMOREという商品です。
スプレータイプのものから大容量のタイプまでありますが、オフィス内の加湿器に入れて使っているため、大容量タイプを使用しています。

次亜塩素酸入りの加湿器の使用感

次亜塩素酸サラモア入りの加湿器
毎日加湿器に水をいれる際に、水を張った次亜塩素酸(SALAMORE)を混ぜて使用しています。
次亜塩素酸入りの蒸気は、特に匂いなどもなく、普通の加湿器と変わらない使用感です。
(薄めないで使うと多少塩素の臭いがするかと思われるため注意が必要です)

次亜塩素酸をスプレーにしても使っています。

次亜塩素酸入りスプレー
また、次亜塩素酸(SALAMORE)は、スプレーとしても使っています。
オフィス内の電子レンジや、ポットを使う際に、手にシュッと一吹きしたり
毎朝デスク回りの除菌のために、ティッシュに次亜塩素酸を含ませて吹き掃除をしています。

次亜塩素酸って危険性はないの?

私自身、アレルギー体質ですが健康面で違和感を感じた事もなく危険なものではないかと思います。
次亜塩素酸スプレーは、直接手に吹きかけても使用する事もありますが、今のところ手荒れなどは起きておらず、
アルコールスプレーのような肌がスースーする感覚もなく、ベタベタする事もありません。
水を手に吹きかけているのと変わらず、非常にサラサラしています。
この次亜塩素酸という名前だと、刺激が強そうなのですが、適切な濃度で薄めて使えば使って気になるような事は特にないかなと思います。

次亜塩素酸(SALAMORE)の価格

気になるのがお値段ですが、SALAMORESALA 300mlスプレータイプで 1980円(税別)、大容量タイプで5980円です。
次亜塩素酸を加湿器に入れて使用したい方は、大容量タイプがおすすめです。

塗装の相談は名古屋匠塗装までお電話ください!
0528488135
9時~18時 土日祝日・夏季休暇中もOK

塗装施工事例


塗装対応エリア

名古屋市愛知県岐阜県三重県にて施工対応いたします。

塗装の料金・相場

塗装の料金の相場の確認は下記をご覧ください。